着物をリメイクする時の注意点

中古の着物を処分するには?

タンスなどに眠ったままの着なくなった着物を整理や処分をしようと検討していたなら、中古着物として専門の買取業者へ売却するという方法があります。その場合は、そのまま着用を目的として販売されます。中古の着物を売却する時は、業者によって対応が異なりますがシミや汚れがない、色あせや虫食いなどがないなど状態が良い物がほとんどです。
着物を売りたいと思っていても、着物の汚れが気になったり目立つ時は事前に買取業者に相談してみましょう。買取業者で処理できる範囲であれば買取ってもらうことが可能な場合があります。また、着物は着る機会が少なくても長期間の保管で劣化している事も考えられます。売却する際は着物の状態をしっかりとチェックすることが大切です。

中古の着物はリメイクで蘇る!

長い間しまったままで、着物の傷みがひどくなってしまった場合は着物をリメイクするという方法もあります。同じ着物でも、色や柄などの違いで様々な作品に仕上がります。着物からワンピースやチュニック、ジャケットなどにリメイクすると、洋服にはない色合いや趣があるどこにもない一点物の洋服が出来上がります。また、バッグや小物入れなど日常に使えるものにリメイクすることで、大切な思い入れのある着物を手放すことなく身近に感じることができます。
着物のリメイクはハンドメイドなどでも人気がありますが、手芸が得意でなかったり作るヒマがない人はリメイク専門の業者に買取ってもらうことができます。中古着物の買取業者の中にはリメイク品やハギレなどに加工する業者もありますので問い合わせてみることをおすすめします。中古の着物はリメイクして蘇ります。